人気のシートバッグとは?正しい使い方や値段を知ろう

新着情報

ライダーに人気のバッグを徹底比較!

使い勝手抜群の大容量タイプ

19-27リットルのバッグは、日帰りツーリングにも使えるもっとも使い勝手がよい大きさです。メインの素材に使われているのは、主にナイロンで一部がレザーで作られています。
適度な収納力だけでなく、ポケットが多く荷物が収納しやすいシートバッグは特に人気があるでしょう。

出し入れしやすいシンプル構造タイプ

丸みのあるシンプルなデザインのシートバッグは、バイクシートにピッタリマッチします。容量は約8リットルのものがあり、普段使いから日帰りのツーリングに使える手軽なサイズも人気です。
また、開口口がワイドに開き、荷物の出し入れがしやすいのも人気のポイントになります。

人気のシートバッグとは?正しい使い方や値段を知ろう

バイク

人気の理由とは

バイカーにとって機能性抜群のシートバッグは人気があり、急に荷物が増えた時のためにも便利な機能がついています。荷物の量に合わせてファスナーで容量を調整できるたり、バッグ自体にレインカバーがついているものもあって非常に使い勝手にこだわって作られています。
また、ロックもしっかりと付いていて盗難防止機能も充実していますし、走行時の安全性にも配慮しています。蛍光色のレインカバーや、反射プリントをつけて夜間や雨天時でも周囲の車やバイクの視野に入りやすい設計で作られているのはより安全性に優れているといえます。

使用方法をチェック

ベルトの長さを調節するだけで簡単に着脱できるシートバッグがあります。しかも、底の部分に滑りにくい素材を使用していますので、ズレを防ぎ安定性を高めてくれます。他にもサイドポケットやドリンクホルダーもついていますので、必要な物がすぐに取り出せます。
また、もちろんバイクの乗り降り時にも邪魔になりません。シンプルな作りで中身が見やすい構造なものは魅力的です。

気になる価格帯は?

シートバッグは種類や容量によって価格に大きな差があります。購入するお店によって価格は異なりますがだいたい10,000円前後で購入できます。
ネット通販で購入できるお店も多いため、価格を比較しながら購入できます。お手頃な価格ですし、容量もちょうどよいので初めてシートバッグを購入する方にも適しています。

購入できるショップの特徴

シートバッグを販売しているショップはバイク用品専門店がほとんどです。ネットショップ中心で販売しているお店もたくさんありますが、商品の実物を手に取ってみたいときはバイク用品店をチェックしてみましょう。
気になるシートバッグの実物をみて機能や使い勝手を確認するだけでなく、他のシートバッグと比較もできます。

シートバッグの悩みや疑問を解消!

シート上でバッグを固定させるコツは?

シートバッグに荷物を入れてシートに置く時にバッグの形状が崩れることがあります。バッグの形をシート上で整えてからベルトで固定しましょう。
ただ、何も知らずに使用するとベルトの使い方が間違っていることもありますので、使い始めは説明書をよく読みながら取り付けることも大切です。

シートバッグの盗難を防ぐにはどうすればいいの?

シートバッグの盗難被害は少なくありません。そこで盗難対策機能を持つシートバッグを選ぶのも手段のひとつです。また鍵のついているワイヤーを使用する、シートバッグのファスナーに鍵をつけるのも有効策のひとつになります。

シートバッグの防水対策について知りたい

バッグの素材によってはある程度防水性を備えていますが、完全ではありません。大雨が降ったとき、バッグの中身が濡れてしまうことがあります。そこでレインカバーが付属しているシートバッグか、高い防水効果を持つシートバッグなども選べます。

キャンプでも使える大容量シートバッグは?

キャンプやアウトドア向けのシートバッグも購入できます。何かと荷物も増えがちですが、衣類、道具まで入るほどの容量を備えていますので安心です。
しかもバッグに入らない丈の長いマット類も、バッグにくくりつけて運べるようになっています。

シートバッグとの摩擦で傷ができてしまった

大切なバイクを傷から守るためのプロテクションシールが販売されていますので試してみましょう。シールを貼るときにはシワができると、隙間から砂が入ってしまいます。それが傷を作る原因になりますので注意が必要です。

広告募集中