遺品整理はなるべく家族でしましょう

遺品整理は業者に頼んだ方が良い?それとも家族で行った方が良い? - 遺品整理はなるべく家族でしましょう

遺品整理はなるべく家族でしましょう

あなたの大事な家族や親戚が亡くなったときには、葬儀や役所への手続きなど、やることもたくさんあります。さらに忘れてはいけないのが遺品整理です。

遺品整理は大変なこと

gnddtydt
遺品整理とは、亡くなられた方の持ち物を処分したり、家族や親戚などに残したら、形見分けをすることです。また、最近だと家具や家電などは廃棄処分にはせずにリサイクル、リユースなんてこともできるようになりました。とはいえ、その方法も増えていますから、それだけ判断をしたり、手続きや業者を探したりとやることはたくさんです。
また、昔ならば何世帯も一緒にすんでいたりしたので、持ち物もまだ少なかったりしました。財産に関する物と洋服やアクセサリー類や趣味に関する持ち物など少なかったですし、処分する量も少なかったのです。
ところが今では、親子といえども離れて暮らしていることも多く、独り暮らしであると生活用品が増えてしまいます。家具類や家電製品から食器や車など多種多様に渡ります。それを処分するもの、残すもの、形見分けするものと分けていくのは手間も労力もかかる作業となったのです。

遺品整理業者に頼めるがトラブルもある

そんな状況で、なかなか遺品整理も大変だからといって、遺品整理業者に頼むなんて人も増えています。これは専門の業者ですが、他の不用品回収業者や何でも屋など、複数の業者も遺品整理に参入しています。そのせいか競争も激しくなっています。
そのため、どの業者もスピードや低価格をアピールしていますが、実際に頼んでみると遺品を雑に扱っていて、壊されてしまった、破棄する予定のないものも破棄されたなど、遺品に関するトラブルも出てきています。さらに見積りよりも遺品整理の料金が高く請求されたケースも多くなっていて、頼まなければという声も聞かれます。十数万円以上と結構な値段でもあるので、早々、気軽に頼めないとも思えます。

遺品整理はなるべく家族で進めよう

kukiug
こうした状況を踏まえると、遺品整理は家族で進めたほうが良さそうに思えます。確かに離れている場合には移動も大変です。賃貸物件を借りている場合には、賃貸料や契約もあり、のんびりできないかもしれません。
それでも、遺品のことを考えると、やはり家族でまずは最初だけでも進めたみたほうがよいのではないでしょうか。
また、遺品整理において、銀行通帳や銀行印、実印、有価証券の証書、お金などやはり貴重品もそのままある場合、まず家族がそれらを探したりして、管理しないといけません。亡くなる前にしらされていなかったなんてこともあるので、やはりこれら貴重品を管理するためにも、自ら遺品整理を始めたほうが良いでしょう。
貴重品の次に思い出やゆかりのある品など、残すものを仕分けていきます。また、形見分けをするものも、別途まとめておきましょう。曖昧なものについては、まずは一時保留として、まとめておきます。それからが目処がつけば、それ以外のものは処分するもの、もしくはリサイクル、リユースするものとして対応をすれはよいのです。
処分をする場合には、不用品回収業者を利用したほうがお得でしょう。というのも、搬出もしてくれますし、曜日の指定もないので作業も進めやすいからです。業者によっては、買い取りをしてくれるところもあるので、あらかじめそういうところを選んだほうがお得です。処分が終われば、あとは、家族で残ったものを大切に保管したり、また形見分けをしていくといいでしょう。

最後に

家族で遺品整理をすれば、きっと故人も喜んでくれるかもしれません。またいろいろな思い出がよみがえるかもしれません。遺品整理をするのも故人と過ごす大切な時間と言えるでしょう。

Copyright(C)2016 遺品整理はなるべく家族でしましょう All Rights Reserved.