新着情報

バイカー御用達!シートバッグの魅力とは?

バイク走行は車とはまた違った爽快感や楽しみが味わえます。移動手段として乗るだけでなく、日帰りや連泊などのツーリングも楽しめるのです。近場に出かけるときほとんどの場合、荷物がそれほど多くなることはありません。
しかし遠出するときは、身の回り品や着替えなど荷物の量が増えることがほとんどです。バイクでたくさんの荷物を積むときに便利なのがシートバッグです。シートバッグの機能や特徴、便利な使い方やライダーに人気のバッグなどについて詳しく紹介していきます。

機能面の特徴・5選

荷物がたくさん積める!

バイクのラゲッジスペースはシート部分の下側に位置しており、フルフェイスのヘルメットと小さいバッグ程度しか入らないタイプがほとんどです。
シートバッグを取り付けることで積み込める荷物の容量が大幅に増やせます。ツーリングでたくさん荷物を持っていきたいときにも便利です

容量に応じてサイズ変更が可能!

シートバッグの種類にもよりますが、荷物の容量に応じてサイズの変更が可能なタイプがあります。
出かけるときは小さめの容量で十分でも、出先で買い物などをして荷物が増えることもあるでしょう。そのような状況でもジッパーで調整するだけで、荷物の収納量が増やせます。

悪天候から荷物を守る

バイクで走行中に突然の悪天候に見舞われることがあります。そんな時はレインカバーがついている、もしくは別売りで販売しているシートバッグがあると便利です。
近頃はゲリラ豪雨の発生率が増えていますので、レインカバーがあると大切な荷物が濡れるのを防いでくれます。

荷物をしっかり固定してくれる

シートバッグはしっかりとバイクに固定できるように作られていますが、絶対に落ちない保証はありません。シートバッグが落ちたことに気が付かないまま走行してしまうと、荷物を紛失してしまうことになりますし、走行中の安全性にも問題が出てきます。
説明書通りにシートに固定することも大切ですが、落ちない工夫が2重、3重にしてあるシートバッグを選ぶと荷物が落ちるリスクを少なくできます。

便利な工夫や機能で使い勝手が良い!

長距離移動の時は休憩を何度か入れながら走るでしょう。しかし休憩の度にバッグをシートから取り外す、バッグの中を開けて貴重品だけを出すのも面倒です。ポーチの一部分だけ着脱可能になっているタイプや、ポケットがたくさんついていて必要な物だけをすぐに取り出せるようになっているシートバッグは便利です。

もっと知りたい!シートバッグの情報はコチラ

バイク

人気のシートバッグとは?正しい使い方や値段を知ろう

シートバッグとひとくちにいってもその種類はさまざまです。容量、デザイン、機能などそれぞれのシートバッグごとに特徴があります。
最適なシートバッグを選ぶためにも、シートバッグの種類などについて理解を深めることが大切です。

READ MORE

[PR]バイク用のシートバッグを販売中
使いやすいアイテムを購入しよう

様々な目的に対応!デザインも豊富なシートバッグ

鞄

バリエーション豊かなデザイン

シートバッグに使われている材質は布製が多いのですが、中には一部に樹脂を使用しているものがあります。樹脂タイプのバッグは洗練された印象を受けますし、バイクに取り付けても一体感が生まれやすいのです。
他にもリュックサックのように背負えるようになっているタイプや、丸みを帯びた形状、収納ポケットが多いなどさまざまなデザインのシートバッグがみつかります。

便利な使い方

シートバッグを便利に使用するためのポイントは、使い方に合った容量やデザインを選ぶことです。もしものことを考えて大きいサイズを購入してもいいのですが、使用頻度が少ないと邪魔になることがあります。
日帰りのツーリングメインで使用するときは、10~15リットル程度の容量があれば十分です。目的や使い方に合わせてシートバッグをいくつか購入する、荷物の容量が変えられるバッグを選ぶのも便利に使う方法のひとつだと言えます。

広告募集中